活性誘導水から始まる循環酪農

堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回】

北海道音更町の平尾牧場にお邪魔しました。

平尾さんは、
活性誘導水を使い始めてから
色々な実験をされていて
このデイリーネットワークには
何度も登場していただいています。

今回の実験は、
デントコーン畑に一切化学肥料を撒かず
自前の堆肥のみでどれだけ伸びるのか?
というものです。

北海道は今年、
6月中旬から約1ヶ月間
雨の日が多く、農作物の成長が
良くありませんでした。

そんな中、
平尾さんの無化学肥料デントコーンは
どうなっているのか?

撮影日は、
収穫にはまだまだ早い
7月24日です。

是非、御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を初めて使用する場合・費用対効果について
  2. 活性誘導水をウォーターカップで簡単に牛に飲ませる方法
  3. サシが入らない健康な和牛づくり【西表島】デイリーネットワーク【第…
  4. 牛が穏やかになる!毛艶が良くなる!
  5. 活性誘導水の使い方や期待される効果は?
  6. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  7. 牛の皮膚病ガンベが激減した商品とは?
  8. 今年の1番草の出来は?パート2!食い過ぎて困っちゃう?!デイリー…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP