草地・作物

堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回】

北海道音更町の平尾牧場にお邪魔しました。

平尾さんは、
活性誘導水を使い始めてから
色々な実験をされていて
このデイリーネットワークには
何度も登場していただいています。

今回の実験は、
デントコーン畑に一切化学肥料を撒かず
自前の堆肥のみでどれだけ伸びるのか?
というものです。

北海道は今年、
6月中旬から約1ヶ月間
雨の日が多く、農作物の成長が
良くありませんでした。

そんな中、
平尾さんの無化学肥料デントコーンは
どうなっているのか?

撮影日は、
収穫にはまだまだ早い
7月24日です。

是非、御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  2. 【2020一番牧草】オーガニック牧草の出来は?【第147回】
  3. 【一番牧草収穫2020】前日の雨でビショ濡れ!北海道中標津町・斉…
  4. 【2020一番牧草収穫ラスト】ロールベーラでの収穫作業風景in北…
  5. 玉ねぎの生育調査をニューホランドに依頼した結果【第156回】
  6. 【道東/一番牧草収穫直前】活性誘導水を使った牧草の伸びはいかに?…
  7. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  8. 【3年目】玉ねぎに活性誘導水を添加したらどうなった?【第189回…

スポンサードリンク

PAGE TOP