草地・作物

雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第81回】

デイリーネットワークでは、おなじみ、
北海道・広尾町鈴木牧場さんの
インタビューです。

昨年、
3年かけて一切の化学肥料を
やめた鈴木さんですが、

今年、
雪解けの3月に顔を出した牧草地が
他の畑に比べ、ずいぶん【青い】という
報告を受け見に行ってきました。

ちなみに3、4年前は、
他の畑と同じように
茶色く枯れていたということです。

昨年の夏に行った時は、牧草地に
たくさんの赤クローバー群があって
驚いたのですが、

今年はもっと何かありそうな
予感を感じる春の畑でした。

以前はオール化学肥料で
牧草を作っていたという鈴木さんですが
このような畑にするまでには、
化学肥料をやめただけではなく
続けてきたことがあります。

鈴木さんが、ここ数年
どんな事をしてきたのか
お話してくれていますので
是非、聞いてみて下さい。

★鈴木牧場さんのホームページができました!

『命を育む 十勝・広尾 鈴木牧場』
https://www.hiroo-suzukifarm.com/

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【玉ねぎ移植直前】活性誘導水を4~5年使ったら作物・土壌はどう変…
  2. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  3. 今年の出来は?小麦・ビートの収穫2019!【DNW112】
  4. 畑作にも効果あり?甜菜(ビート)の苗立枯病が出なくなった! デイ…
  5. 【今年の生育状況は?】5年間堆肥のみで育てたデントコーン【DNW…
  6. 圃場の地力を上げるために重要な事とは?【第169回】
  7. 【ビート育苗で】夜でも地温が下がらなくなった?【第190回】
  8. 【成育数値化】玉ねぎの成育比較開始!活性誘導水vs無添加水【第1…

スポンサードリンク

PAGE TOP