草地・作物

【今年の生育状況は?】5年間堆肥のみで育てたデントコーン【DNW253】

試験区を設け
この5年間(今年は6年目)、
堆肥のみでデントコーンを育てている
音更町の平尾牧場さんにお邪魔しました。

年々、天候も不安定になって
作物の生育にも悪影響を与えていますが、
平尾さんのデントコーンは、
逆に年々良くなっているようです。

防除のときには活性誘導水も
使用していただいています。

このように5年もの間、
天候に大きく左右されることなく
強く立派に育ち収量も増えているという事実は、
化学肥料や家畜の飼料が高騰している中
農業経営において
ひとつの希望になるのではないでしょうか?

この技術が多くの方に伝授されることを願います。

では、現段階での生育状況をご覧下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  2. 【2020一番牧草】オーガニック牧草の出来は?【第147回】
  3. 堆肥だけでデントコーンは伸びるか?デイリーネットワーク【第45回…
  4. 圃場の地力を上げるために重要な事とは?【第169回】
  5. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  6. 【実験】活性誘導水は野菜の成長に有効か?~玉ねぎ編~デイリーネッ…
  7. 【もっと楽農へ】完熟堆肥と活性誘導水で家庭菜園をしよう!【DNW…
  8. 【2020一番牧草収穫ラスト】ロールベーラでの収穫作業風景in北…
PAGE TOP