草地・作物

【玉ねぎ移植直前】活性誘導水を4~5年使ったら作物・土壌はどう変わった?

活性誘導水をかれこれ4~5年ご利用いただいている
北海道本別町の畑作農家さんを訪問しました。

初めはお試しで玉ねぎの苗に添加して、
活性誘導水を添加していないものと比べて
生育にどんな違いがあるか実験していただきました。

その成果を体験いただいた現在は、
畑の作物の殆どに
活性誘導水やスコヤカシーズBSを
添加して頂いています。

今回は玉ねぎの苗を畑に移植するというので、
直前の苗の生育状況と、
専用の機械による移植作業を見せていただきました。

4~5年経った現在は、
作物だけではなくて土壌にも変化が
現れてきたようです。

活性誘導水は牛のお腹の菌だけではなく、
土壌の菌のバランスも整えてくれます。

詳しくお聞きになりたい方は、
お気軽にご連絡下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 今年の出来は?小麦・ビートの収穫2019!【DNW112】
  2. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  3. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  4. 草地更新と雑草の問題を解決するには?【第166回】
  5. 【2020一番牧草収穫ラスト】ロールベーラでの収穫作業風景in北…
  6. 【成育数値化】玉ねぎの成育比較開始!活性誘導水vs無添加水【第1…
  7. 【活性誘導水での野菜成長比較】水耕栽培でやってみた結果【第131…
  8. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】

スポンサードリンク

PAGE TOP