その他

【玉ねぎ・ビート】活性誘導水を畑作で使う方法【DNW241】

今回は畑作で活性誘導水を使用して頂いている
2件の農場を訪問しました。

1件目は、北海道訓子府(くんねっぷ)町のT農場さん。

昨年、このYouTubeチャンネルで
同じ畑作農家さんの生育結果を見て
使ってみようと思ったのがきっかけです。

今年始めて、
玉ねぎの苗に活性誘導水を添加しました。

まだ添加して間もないですが、
今のところ生育状態は良好だそうです。

活性誘導水に期待することは、
”土壌の健康”ということです。

連作の多い玉ねぎの土壌の菌バランスを
保ってくれることに期待されています。

2件目は昨年もビートに添加していただいた
北海道網走市の阿部農場さんです。

今年もビートに活性誘導水を添加して
試験をしていただいています。

今のところ苗の生育も順調ということですが、
昨年とは少し根の張り方が違うということで
見せていただきました。

まもなく畑に移植しますが、
その後の生育にも期待が持てそうな
苗に育っていると言うことです。

今後も都度、生育状況を
お知らせしていこうと思いますので
ご期待下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【2021一番牧草開封】ハーベスターの刃を抜いて切断長を長くした…
  2. 牛が穏やかになったり毛艶が良くなるのはなぜ?デイリーネットワーク…
  3. 【2番草開封】【2番草開封】活性誘導水BS添加で冬でも凍りにくい…
  4. デイリーネットワーク【DNW第1回】
  5. 1000頭規模のメガファーム!瀬戸内メイプルファーム株式会社
  6. 【公表!驚きの飼料分析結果】切断長を長くした一番牧草の飼料分析結…
  7. 【春に堆肥撒き?】なんで春一番に堆肥を撒くの?その理由と効果につ…
  8. チクテック主催 スコヤカミーティングin秋田県田沢湖2018開催…

スポンサードリンク

PAGE TOP