草地・作物

【リクエスト】2022年活性誘導水使用の畑作農場3軒訪問インタビュー【DNW279】

今回は視聴者さんのリクエストで
活性誘導水を使用して頂いている
畑作農場にお伺いしました。

1軒目 阿部農場(北海道網走市)
2軒目 餌取牧場(北海道足寄町)
3軒目 W農場(北海道本別町)

昨年は雨が多く
農作物にも大きな影響がありました。

そんな悪状況の中、
作物の出来、収量はどうだったのか?
どんな影響があったのか?
インタビューしてきました。

【リクエスト募集!】
活性誘導水を使った効果や事例など
聞いてみたいことがあれば
メールやLINE、メッセージでお知らせ下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  2. 草地更新と雑草の問題を解決するには?【第166回】
  3. 玉ねぎの生育調査をニューホランドに依頼した結果【第156回】
  4. デントコーン食べ比べ!化学肥料30キロvs無化学肥料-デイリーネ…
  5. 【道東】スラリーだけで大丈夫?化学肥料一切なしの牧草の成育(20…
  6. 【道東/一番牧草収穫直前】活性誘導水を使った牧草の伸びはいかに?…
  7. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  8. 今年の出来は?小麦・ビートの収穫2019!【DNW112】
PAGE TOP