草地・作物

【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252】

今回は活性誘導水をご使用いただいている
畑作農家さんに今年の作物の生育状況を
見せていただいきました。

お邪魔したのは、 

1.本別町 W農場
2.足寄町 餌取(えとり)農場
3.訓子府町 T農場
4.網走市 阿部農場

昨年は干ばつ、
今年は大雨や雹、日照不足、
さらには北海道にも”梅雨”と同じような
時期もありました。

そんな天候不順の中、
今年の作物の生育はどうなのか?

今現在の状況を御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  2. 今年の出来は?小麦・ビートの収穫2019!【DNW112】
  3. 【2020一番牧草】オーガニック牧草の出来は?【第147回】
  4. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  5. 【2020一番牧草収穫ラスト】ロールベーラでの収穫作業風景in北…
  6. 【成育数値化】玉ねぎの成育比較開始!活性誘導水vs無添加水【第1…
  7. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  8. 2020年一番牧草収穫直前!化学肥料未使用牧草の生育は?【第14…

スポンサードリンク

PAGE TOP