牧草サイレージ

【1年経ってもこの色】活性誘導水を添加した牧草サイレージの特徴とは?

収穫時に活性誘導水を添加した1年前の

・ロールサイレージ
・刻みサイレージ

が、どのように仕上がっているのか
御覧ください。

多くのサイレージは、
収穫して1年も経てば、
ほぼ茶色く変色しますが、
活性誘導水を添加した牧草は違います。

それは、
活性誘導水の大きな特徴である
【抗酸化】の作用が発揮されるからです。

【抗酸化】で
牧草の酸化を抑える、
遅らせる事によって

・サイレージ特有の臭いが少ない
・牧草が茶色くならず緑が残っている

という特徴があります。

これは、乾草でも高水分で収穫しても
同じような出来が期待できます。

これだけでも、多くの方が驚かれますが、
しかし、見た目より重要なのは、
『牛がよく食べるか?』という
嗜好性の問題です。

さらに、そのサイレージを食べた牛が
病気も少なく『健康』であるかどうか
ではないでしょうか。

活性誘導水が20年以上売れ続け
今尚、全国に広がっている理由の1つが
ここにあります。

是非、一度お試しください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 2020一番牧草サイレージ開封作業!美味しく出来た?【第161回…
  2. 【高水分なのに?】-20℃ 極寒でも凍らないサイレージ?【DNW…
  3. 刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネッ…
  4. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  5. 天候に左右されないサイレージを作るには?【第126回】
  6. ロールサイレージダイジェスト「高水分?むしろ大歓迎!」【第135…
  7. まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!
  8. 雨に当たった1番牧草ロールの出来は?【第152回】

スポンサードリンク

PAGE TOP