牧草サイレージ

【北海道長万部・笠原牧場】2022年のサイレージ”ロール・デントコーン”の出来は?【DNW277】

今年(2022年)もサイレージ作りに
活性誘導水を使っていただいた
北海道長万部町の笠原牧場さんに
お邪魔しました。

ロールもデントコーンも
活性誘導水を使用した時の
特徴がよく現れている
質の良いサイレージが出来上がっていました。

もちろん牛の嗜好性もとても良いようです。
是非ご覧になってみて下さい。

2023年も状況の好転は難しいと思いますが
少しでも活性誘導水が、
皆様のお役に立てればと願います。

ご相談があれば、いつでもご連絡下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【切断長を長くした2番草の収穫2022】活性誘導水+BSの混合割…
  2. 高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?
  3. 雨濡れ1番草サイレージ開封!こんなの初めて デイリーネットワーク…
  4. 【2022初めての活性誘導水+BS添加】雨当たり高水分牧草のロー…
  5. 【サイレージ開封】無化学肥料のデントコーンサイレージに活性誘導水…
  6. 無化学肥料+完全不耕起!究極のデントコーン完成!【DNW110】…
  7. 【活性誘導水+BS添加の本当の目的】人も牛も楽で楽しくを目指して…
  8. 【2022一番牧草収穫】雨に当たった牧草も活性誘導水+BSを添加…

スポンサードリンク

PAGE TOP