牧草サイレージ

【北海道長万部・笠原牧場】2022年のサイレージ”ロール・デントコーン”の出来は?【DNW277】

今年(2022年)もサイレージ作りに
活性誘導水を使っていただいた
北海道長万部町の笠原牧場さんに
お邪魔しました。

ロールもデントコーンも
活性誘導水を使用した時の
特徴がよく現れている
質の良いサイレージが出来上がっていました。

もちろん牛の嗜好性もとても良いようです。
是非ご覧になってみて下さい。

2023年も状況の好転は難しいと思いますが
少しでも活性誘導水が、
皆様のお役に立てればと願います。

ご相談があれば、いつでもご連絡下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【1年経ってもこの色】活性誘導水を添加した牧草サイレージの特徴と…
  2. 酪酸発酵でVスコア最悪!だけど体細胞は良い?【第175回】
  3. 活性誘導水を使った抗酸化サイレージの特徴とは?
  4. 【高水分なのに?】-20℃ 極寒でも凍らないサイレージ?【DNW…
  5. 【ユーザー訪問】活性誘導水+BS添加の一番草きざみサイレージ開封…
  6. 【毎年心配ない】困るぐらい食べ過ぎるサイレージが安定して出来る!…
  7. 【2022一番牧草収穫】雨に当たった牧草も活性誘導水+BSを添加…
  8. 糞尿を発酵させるために重要な事とは?【第174回】
PAGE TOP