牧草サイレージ

【北海道長万部・笠原牧場】2022年のサイレージ”ロール・デントコーン”の出来は?【DNW277】

今年(2022年)もサイレージ作りに
活性誘導水を使っていただいた
北海道長万部町の笠原牧場さんに
お邪魔しました。

ロールもデントコーンも
活性誘導水を使用した時の
特徴がよく現れている
質の良いサイレージが出来上がっていました。

もちろん牛の嗜好性もとても良いようです。
是非ご覧になってみて下さい。

2023年も状況の好転は難しいと思いますが
少しでも活性誘導水が、
皆様のお役に立てればと願います。

ご相談があれば、いつでもご連絡下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【北海道斜里町・工藤牧場】1番草サイレージとデンプン粕サイレージ…
  2. 【2024】絶対に失敗しない一番牧草の収穫とは..【DNW337…
  3. コレは乳量◯◯キロのメニューじゃない!【DNW328】
  4. 高水分のホールクロップも活性誘導水でパサパサに
  5. 失敗しないキザミサイレージの作り方【DNW350】
  6. 【2023サイレージ分析・第2弾】昨年から土壌が激変し始めた結果…
  7. 【最高のサイレージを】今年こそ刈り遅れない為には?【DNW339…
  8. 刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネッ…
PAGE TOP