牧草サイレージ

【毎年心配ない】困るぐらい食べ過ぎるサイレージが安定して出来る!

北海道別海町・酒井牧場さんにお邪魔しました。

酒井さんでも、活性誘導水を長く使って頂いていますが、
サイレージの出来に関しては、
毎年、良く出来るのが普通のようです。

ここ数年は天候が不順で牧草の刈り取り時期は、
悩まれる方も多いと思いますが、
酒井さんは特に気にする事なく
安定したサイレージづくりが出来ているようです。

・特に予乾しなくても(水分があっても)良いサイレージができる
・「今年のサイレージはどうかな?」という心配がなくなった
・来春まで持つかな?というぐらい牛がよく食べるようになった

など、改めて考えれば、
以前との違いを思い出すほどです。

それだけサイレージに関しては、
毎年、良く出来るのが当たり前に
なって来ているという事ですね。

以前、心配だった事が、
今はなくなっているというのが、
素晴らしいと思います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 天候に左右されないサイレージを作るには?【第126回】
  2. 【切断長を長くした牧草サイレージ】嗜好性・乳量・疾病・繁殖など牛…
  3. 雨に当たった1番牧草ロールの出来は?【第152回】
  4. 【それから1ヵ月】ロールしてから8日目で開封!牛たちの様子は?【…
  5. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  6. 【2022一番牧草収穫】雨に当たった牧草も活性誘導水+BSを添加…
  7. まさに抗酸化作用!高水分でもロールサイレージが臭くならない?!
  8. 【切断長を長くした2番草の収穫2022】活性誘導水+BSの混合割…
PAGE TOP