牧草サイレージ

【毎年心配ない】困るぐらい食べ過ぎるサイレージが安定して出来る!

北海道別海町・酒井牧場さんにお邪魔しました。

酒井さんでも、活性誘導水を長く使って頂いていますが、
サイレージの出来に関しては、
毎年、良く出来るのが普通のようです。

ここ数年は天候が不順で牧草の刈り取り時期は、
悩まれる方も多いと思いますが、
酒井さんは特に気にする事なく
安定したサイレージづくりが出来ているようです。

・特に予乾しなくても(水分があっても)良いサイレージができる
・「今年のサイレージはどうかな?」という心配がなくなった
・来春まで持つかな?というぐらい牛がよく食べるようになった

など、改めて考えれば、
以前との違いを思い出すほどです。

それだけサイレージに関しては、
毎年、良く出来るのが当たり前に
なって来ているという事ですね。

以前、心配だった事が、
今はなくなっているというのが、
素晴らしいと思います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  2. 刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネッ…
  3. 【ユーザーインタビュー】雨当たりロール8日後に開封!1週間牛に食…
  4. ロールサイレージダイジェスト「高水分?むしろ大歓迎!」【第135…
  5. 刈り遅れサイレージでも食べてくれるのでありがたい!デイリーネット…
  6. 【デントコーン】除草剤なし・化学肥料なし・不耕起栽培で作ってみた…
  7. 2018年1番草の出来は?パート1 デイリーネットワーク【第47…
  8. 2020一番牧草サイレージ開封作業!美味しく出来た?【第161回…

スポンサードリンク

PAGE TOP