使用方法

【活性誘導水のより効果的な試し方】都市近郊型酪農でTMRの場合【DNW286】

活性誘導水の試し方・使い方は、
[牛の飲水に添加する]のが基本ですが、

”輸入牧草の割合が多く、
 TMRをされている都市近郊型酪農”
 の場合は、

【TMRの加水に活性誘導水とBSを添加する】
方がより効果的です。

その効果としては・・・

・夏の熱発を防ぐ
・飼料の酸化を抑える
・食い込ませる

夏場を無事に過ごせば、
年間を通して安定的な状態が
維持できます。

今回は都市近郊型酪農を営んでいる方向けの
より効果的な活性誘導水の試し方のポイントを
解説しています。

是非、参考にしてみて下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【次のステップへ】活性誘導水で効果を感じられたら?【第130回】…
  2. 活性誘導水サイレージ添加方法 きざみ(細断)編
  3. 活性誘導水をサイレージなどエサ(TMR)に試す方法
  4. 【質問への回答】ロールベーラーでの誘導水+BSの添加方法と注意事…
  5. 【ロール牧草編】活性誘導水+BSで食い込みを上げる!【DNW28…
  6. 【きざみサイレージ編】活性誘導水+BSで食い込みを上げる!【DN…
  7. 【活性誘導水と併用で効果発揮】飼料用・哺乳牛用・育成牛/成牛用 …
  8. 食いの悪いサイレージに活性誘導水を使うと?
PAGE TOP