和牛繁殖

【西表島・和牛繁殖】活性誘導水届いてます!【DNW331】

今回はコロナ以降4年振りの
沖縄県西表島、
和牛繁殖の銘里牧場さんです。

西表島へは、石垣島から
フェリーに乗って約40分。

日本最西端・与那国島の
一つ手前の島です。

台湾まで、
わずか200km。

こんなに遠くまで
活性誘導水が届いています。

以前、銘里さんは、
牧草を化学肥料メインで
育てていましたが、

活性誘導水を
使うようになってからは
自家製の堆肥のみで
牧草を収穫しています。

堆肥を撒くために
島では誰も持っていない
マニアスプレッダ(タカキタ製)も
購入しました。

周りからは、
「堆肥を畑に撒いたら牧草が焼ける」
と反対されたそうですが、
もうかれこれ4年以上、
十分に牧草が収穫できています。

以前、訪問したときからは
情勢が大きく変わり
飼料の高騰、
牛価格の下落…

多くの農家が
頭を悩ませています。

銘里さんも、
決して例外ではありません。

これからも先行きが不透明。

だからこそ、基本に立ち返り、
牛本来の牧草で大きく育てていくことを
考えていかなければならいと
改めて感じています。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【活性誘導水+BS添加の本当の目的】人も牛も楽で楽しくを目指して…
  2. 【和牛繁殖用牧草で実験】活性誘導水の添加あり・なしで出来具合を比…
  3. 【活性誘導水Q&Aパート2】和牛の子牛に活性誘導水を飲ませるには…
  4. 【極寒-20℃】和牛を元気に育てる方法~北海道足寄町・餌取農場【…
  5. 【ユーザー訪問】飼料米の発酵飼料の作り方!その効果とは?活性誘導…
  6. 【和牛】1番草チモシーロールより麦稈が好き?【第151回】
  7. 真冬でも元気な餌取牧場の子牛たち【DNW332】
  8. 牛が自分で食事を作る奇妙な現象とは?【第134回】
PAGE TOP