牧草サイレージ

高水分のサイレージがマイナス10℃でも凍らないワケとは?

今回は16年前から活性誘導水をご利用いただいている別海町の宮田さんにお話を伺いました。

宮田さんは、活性誘導水を使いはじめてから驚くような経験をしたそうです。

その宮田さんが経験した”初体験”とは一体何だったのでしょうか?

  • 嗜好性が良くなった!
  • 酪酸発酵しても牛に影響がない!
  • 高水分のサイレージが冬でも凍らない!

宮田さんのお話を聞いてみてください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. -15度でも凍らない高水分の牧草ロール?!(第124回)
  2. 無化学肥料+完全不耕起!究極のデントコーン完成!【DNW110】…
  3. 雨濡れ1番草サイレージ開封!こんなの初めて デイリーネットワーク…
  4. 刈り遅れでも水分が多くても牛がよく食べるサイレージ!デイリーネッ…
  5. 活性誘導水を使った抗酸化サイレージの特徴とは?
  6. 【和牛】1番草チモシーロールより麦稈が好き?【第151回】
  7. 【デントコーン】除草剤なし・化学肥料なし・不耕起栽培で作ってみた…
  8. 開けてびっくり!一番牧草サイレージが青いまま?

スポンサードリンク

PAGE TOP