インタビュー

ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30回】

数年前から活性誘導水を使い
様々な試みを行っている
北海道・十勝地区の酪農家との
対談をお送りします。

今回は最終話【後半】です。

活性誘導水に出会って数年。

”ウチの堆肥は発酵しない”
と言われていたのに湯気が出はじめた。

化学肥料や添加剤をぐっと減らしてみたが
何の障害も起きていない。

今までの常識が覆される経験を経た
【活性誘導水のパイオニアたち】
次に夢見るものは何か?

彼らのやっていることが
酪農、農業のスタンダードになり
北海道中、日本中に伝播していくことを
切に願います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【和牛】 ダメだと思った子牛がA5ランクを獲った話【第155回】…
  2. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…
  3. 【酪農の今と昔】牛を健康に飼うメリットとは?(第123)
  4. 無化学肥料でデントコーン栽培したらどうなった?デイリーネットワー…
  5. 新築ロボット牛舎になって良かった事は?将来の目標について【DNW…
  6. もう酪農やめようと思ってたのオレ
  7. 【静岡特集】活性誘導水ユーザーの声【第140回】
  8. 私はこうして化学肥料をやめました!デイリーネットワーク【第70回…

スポンサードリンク

PAGE TOP