インタビュー

ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30回】

数年前から活性誘導水を使い
様々な試みを行っている
北海道・十勝地区の酪農家との
対談をお送りします。

今回は最終話【後半】です。

活性誘導水に出会って数年。

”ウチの堆肥は発酵しない”
と言われていたのに湯気が出はじめた。

化学肥料や添加剤をぐっと減らしてみたが
何の障害も起きていない。

今までの常識が覆される経験を経た
【活性誘導水のパイオニアたち】
次に夢見るものは何か?

彼らのやっていることが
酪農、農業のスタンダードになり
北海道中、日本中に伝播していくことを
切に願います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【ユーザー訪問】ヘルシーで美味しい羊肉をアスリートへ届けたい!【…
  2. 酪農家の疑問を酪農家が解決するミーティング【後半】デイリーネット…
  3. 【自家製発酵飼料】夏の種付けが9割超え?【DNW329】
  4. 粕類で発酵飼料を作りませんか?その良さと効果!デイリーネットワー…
  5. 【3年振りの岡山県・徳山牧場】現在のバイオベッドの状況や問題点な…
  6. 【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧…
  7. 乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】
  8. 「活性誘導水を販売したい!」きっかけは熱い酪農ヘルパー!【DNW…
PAGE TOP