インタビュー

ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30回】

数年前から活性誘導水を使い
様々な試みを行っている
北海道・十勝地区の酪農家との
対談をお送りします。

今回は最終話【後半】です。

活性誘導水に出会って数年。

”ウチの堆肥は発酵しない”
と言われていたのに湯気が出はじめた。

化学肥料や添加剤をぐっと減らしてみたが
何の障害も起きていない。

今までの常識が覆される経験を経た
【活性誘導水のパイオニアたち】
次に夢見るものは何か?

彼らのやっていることが
酪農、農業のスタンダードになり
北海道中、日本中に伝播していくことを
切に願います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【活性誘導水+BS添加の本当の目的】人も牛も楽で楽しくを目指して…
  2. 活性誘導水 取扱関係者の本音deトークPart2|デイリーネット…
  3. 【岡山県・おとひめ牧場】こりゃ便利!こんな機械初めて見た!【DN…
  4. 次世代酪農のパイオニア【前半】デイリーネットワーク【第26回】
  5. 町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18…
  6. 【指導農業士が語る】理想の酪農の始め方(第125回)
  7. 【天候無関係】品質安定のサイレージ作りができるワケ?【DNW12…
  8. 【数値的比較】飼料米はトウモロコシの代わりになるか?飼料米の利用…

スポンサードリンク

PAGE TOP