インタビュー

ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30回】

数年前から活性誘導水を使い
様々な試みを行っている
北海道・十勝地区の酪農家との
対談をお送りします。

今回は最終話【後半】です。

活性誘導水に出会って数年。

”ウチの堆肥は発酵しない”
と言われていたのに湯気が出はじめた。

化学肥料や添加剤をぐっと減らしてみたが
何の障害も起きていない。

今までの常識が覆される経験を経た
【活性誘導水のパイオニアたち】
次に夢見るものは何か?

彼らのやっていることが
酪農、農業のスタンダードになり
北海道中、日本中に伝播していくことを
切に願います。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【パート1】長崎県五島列島から久賀島のすばらしき三人衆~松本牧場…
  2. 町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18…
  3. 【誘導水+スコヤカS】角の伸びが遅くなった?【DNW276】
  4. 牛の頭数を減らしたら儲かってきた!そのワケとは?
  5. 私はこうして化学肥料をやめました!デイリーネットワーク【第70回…
  6. 【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧…
  7. 【バイオベッド式新築牛舎訪問】春からオーガニック牛乳を発売する鈴…
  8. 【誘導水+BS】禁断の使用方法でびっくりする数値が!熊本県湯前町…
PAGE TOP