インタビュー

【和牛も始めた?!】先を見据えた経営が功を成す~愛知県・福井牧場4年ぶりの訪問【DNW298】

コロナ以来3~4年振りに
愛知県の福井牧場さんにお邪魔しました。

福井牧場さんで飼料を全て購入されています。

そこに活性誘導水とBSを添加し
70~80%の高水分のTMRを給餌する事で
牛の食い込みも上がり、
乳量生産にも良い結果が現れています。

フリーバーンの状態もとても良く
牛が健康なのがよくわかります。

現在の乳量は43~44キロで
昨年の夏から40キロを下回っていないそうです。

餌代も上がって厳しい状況が続いていますが、
牛の健康も維持しつつ、
これだけの乳量生産が出来ている事は
とても素晴らしいと思います。

また、4年前、
コロナが流行り始める前のタイミングで
和牛牧場も始められました。

牛乳だけでは先が見通せない現在の状況ですが、
和牛を始めた事は、ある意味、先を見越した 素
晴らしい経営判断だったと思います。

ご本人は「たまたまだった」と仰っていましたが。

この先の展開も構想にあるようで
次回の訪問がとても楽しみです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【堆肥は宝】全てが好循環!ただ心配なのは・・・岡山県蒜山・二若牧…
  2. 【酪農経営が変わる】活性誘導水を使った酪農の目指すところ
  3. 粕類で発酵飼料を作りませんか?その良さと効果!デイリーネットワー…
  4. 【3年振りの岡山県・徳山牧場】現在のバイオベッドの状況や問題点な…
  5. 新築ロボット牛舎になって良かった事は?将来の目標について【DNW…
  6. 【2024元旦】牧草と飼料米で牛を健康に【DNW327】
  7. 町の汚泥を全部引き受けて牛を飼う男!デイリーネットワーク【第18…
  8. 乳量と健康と配合のバランス/デイリーネットワーク【第41回】
PAGE TOP