ザ・ヒューマン

放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第39回】

今回は、放牧とロボット搾乳で酪農を営んでいる
北海道中川町の稲田牧場へお邪魔しました。

1日の仕事は、放牧している牛を
四輪バギーで牛追いして
牛舎に入れる事から始まります。

ほとんどの牛は、
自分でロボットに入って
搾乳するのですが、

決まって数頭の牛が
搾乳されていないので
一旦、全頭を牛舎に
入れるのだそうです。

7時過ぎにはまたゲートを開けて
放牧しますので朝の仕事は2時間程度。

現在はつなぎ牛舎もやっていますが、
将来的には、夫婦ふたりで十分やっていける
この形態一本でやりたいそうです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 規模拡大は良い酪農経営?デイリーネットワーク【第20回】
  2. 【静岡特集】活性誘導水ユーザーの声【第140回】
  3. 私はこうして化学肥料をやめました!デイリーネットワーク【第70回…
  4. 粕類で発酵飼料を作りませんか?その良さと効果!デイリーネットワー…
  5. 【2020年】新年のご挨拶と抱負~デイリーネットワーク【DNW1…
  6. 活性誘導水のお陰でいいことばっかり!
  7. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
  8. 一番牧草に初めて活性誘導水を添加したらどうなった?【第146回】…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP