ザ・ヒューマン

放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第39回】

今回は、放牧とロボット搾乳で酪農を営んでいる
北海道中川町の稲田牧場へお邪魔しました。

1日の仕事は、放牧している牛を
四輪バギーで牛追いして
牛舎に入れる事から始まります。

 

ほとんどの牛は、
自分でロボットに入って
搾乳するのですが、

決まって数頭の牛が
搾乳されていないので
一旦、全頭を牛舎に
入れるのだそうです。

 

7時過ぎにはまたゲートを開けて
放牧しますので朝の仕事は2時間程度。

 

現在はつなぎ牛舎もやっていますが、
将来的には、夫婦ふたりで十分やっていける
この形態一本でやりたいそうです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 十勝のふん尿はどうして発酵しない?デイリーネットワーク【第36回…
  2. 3人の活性誘導水レジェンド(後編)デイリーネットワーク【第24回…
  3. 法人化のメリット・デメリット!知らなきゃ損する法人化の話|デイリ…
  4. ふん尿を宝にすれば夢がもっと広がる!デイリーネットワーク【第30…
  5. 粕類で発酵飼料を作りませんか?その良さと効果!デイリーネットワー…
  6. 活性誘導水ユーザー感謝祭in秋田県田沢湖【その2】デイリーネット…
  7. 贈与税をぐっと減らす方法!知らなきゃ損する事業承継の話|デイリー…
  8. 活性誘導水ユーザー訪問の旅2018(中国・沖縄・九州)デイリーネ…

スポンサードリンク

デイリーネットワーク最新動画

PAGE TOP