その他

放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第39回】

今回は、放牧とロボット搾乳で酪農を営んでいる
北海道中川町の稲田牧場へお邪魔しました。

1日の仕事は、放牧している牛を
四輪バギーで牛追いして
牛舎に入れる事から始まります。

ほとんどの牛は、
自分でロボットに入って
搾乳するのですが、

決まって数頭の牛が
搾乳されていないので
一旦、全頭を牛舎に
入れるのだそうです。

7時過ぎにはまたゲートを開けて
放牧しますので朝の仕事は2時間程度。

現在はつなぎ牛舎もやっていますが、
将来的には、夫婦ふたりで十分やっていける
この形態一本でやりたいそうです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【酪農家 平尾 進 特集1】活性誘導水に出会って経験した大きな変…
  2. 【台風・干ばつに強い】最強デントコーン用堆肥の作り方!【第213…
  3. 活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用い…
  4. なぜかガンベが消えた?デイリーネットワーク【第16回】
  5. バンカーサイロで良質のキザミサイレージを作る為の活性誘導水の添加…
  6. Urban Almapro/アーバン社自動哺乳器アルマプロ
  7. 酪農家が経営!輸入酪農機械や器具が安く手に入る会社って?|デイリ…
  8. 牧草ロール巻きが全自動!日本ニューホランド

スポンサードリンク

PAGE TOP