その他

放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第39回】

今回は、放牧とロボット搾乳で酪農を営んでいる
北海道中川町の稲田牧場へお邪魔しました。

1日の仕事は、放牧している牛を
四輪バギーで牛追いして
牛舎に入れる事から始まります。

ほとんどの牛は、
自分でロボットに入って
搾乳するのですが、

決まって数頭の牛が
搾乳されていないので
一旦、全頭を牛舎に
入れるのだそうです。

7時過ぎにはまたゲートを開けて
放牧しますので朝の仕事は2時間程度。

現在はつなぎ牛舎もやっていますが、
将来的には、夫婦ふたりで十分やっていける
この形態一本でやりたいそうです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【実践編】活性誘導水の試し方!飼料(TMR)の場合は?デイリーネ…
  2. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  3. 活性誘導水を初めて使用する場合・費用対効果について
  4. ミルクライト社 インパルスエアー
  5. スマート農業の最先端!日本ニューホランド苫小牧デポにお邪魔しまし…
  6. Urban Almapro/アーバン社自動哺乳器アルマプロ
  7. Vinkスプレッダー
  8. サイレージの発酵を極めて遅くする水?デイリーネットワーク【第17…
PAGE TOP