その他

放牧とロボット搾乳のハイブリット酪農!デイリーネットワーク【第39回】

今回は、放牧とロボット搾乳で酪農を営んでいる
北海道中川町の稲田牧場へお邪魔しました。

1日の仕事は、放牧している牛を
四輪バギーで牛追いして
牛舎に入れる事から始まります。

ほとんどの牛は、
自分でロボットに入って
搾乳するのですが、

決まって数頭の牛が
搾乳されていないので
一旦、全頭を牛舎に
入れるのだそうです。

7時過ぎにはまたゲートを開けて
放牧しますので朝の仕事は2時間程度。

現在はつなぎ牛舎もやっていますが、
将来的には、夫婦ふたりで十分やっていける
この形態一本でやりたいそうです。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用い…
  2. 浜頓別エバーグリーン
  3. 牛の分娩が一人でラクラク!Vinkカーフプーラー
  4. マイペース酪農 三友盛行著
  5. 【テーマ】糞尿を宝に出来れば畜産業は地球を救う(第14回)
  6. 生乳をMMJに出荷したワケとは?
  7. タカキタ コンビラップマシーンVCW1620
  8. いちばん売れているライナー(アメリカ・ミルクライト社)

スポンサードリンク

PAGE TOP