飲水・TMR

活性誘導水とBSでTMRの熱発を防ぐ方法【DNW246】

特に本州では夏場、
TMR(牛の混ぜ餌)が
菌による発酵熱で飼料の品質を劣化させ
牛の食欲衰退、疾病へとつながっています。

今回は、
活性誘導水
スコヤカシリーズBS
を使って
熱発を防ぐ方法をご紹介します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. みるみる乳量が増えて乳房炎がなくなった?
  2. もうこれが最後!と活性誘導水を使ってみたら・・・
  3. 獣医さんもびっくり!ふん尿のニオイが激減!カラスはどこへ?
  4. 結局、肥料じゃない!デイリーネットワーク【第57回】
  5. バキバキの乾草を牛がモリモリ食べる方法?デイリーネットワーク【第…
  6. 【活性誘導水 使用3ヵ月】こんなに効果があるとは!
  7. 牛舎がクサイ?それは活性誘導水が切れたサイン
  8. 【持続可能】国内自給率アップ!飼料米が日本の畜産を救う!【DNW…
PAGE TOP