飲水・TMR

活性誘導水とBSでTMRの熱発を防ぐ方法【DNW246】

特に本州では夏場、
TMR(牛の混ぜ餌)が
菌による発酵熱で飼料の品質を劣化させ
牛の食欲衰退、疾病へとつながっています。

今回は、
活性誘導水
スコヤカシリーズBS
を使って
熱発を防ぐ方法をご紹介します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 獣医さんもびっくり!ふん尿のニオイが激減!カラスはどこへ?
  2. 徳山牧場(岡山県美星町)驚きの変化とは?
  3. 牛が自分で食事を作る奇妙な現象とは?【第134回】
  4. 【持続可能】国内自給率アップ!飼料米が日本の畜産を救う!【DNW…
  5. 活性誘導水+ニンジンで牛の免疫力アップ!
  6. 酪農のゴールはどこ?福井牧場(愛知県豊川市)
  7. きっかけは 抗酸化サイレージ という聞きなれない単語?!
  8. 【活性誘導水 使用3ヵ月】こんなに効果があるとは!

スポンサードリンク

PAGE TOP