飲水・TMR

活性誘導水とBSでTMRの熱発を防ぐ方法【DNW246】

特に本州では夏場、
TMR(牛の混ぜ餌)が
菌による発酵熱で飼料の品質を劣化させ
牛の食欲衰退、疾病へとつながっています。

今回は、
活性誘導水
スコヤカシリーズBS
を使って
熱発を防ぐ方法をご紹介します。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牛が自分で食事を作る奇妙な現象とは?【第134回】
  2. もうこれが最後!と活性誘導水を使ってみたら・・・
  3. きっかけは 抗酸化サイレージ という聞きなれない単語?!
  4. 【実証実験】活性誘導水+スコヤカは本当に効果があるのか?デイリー…
  5. サシが入らない健康な和牛づくり【西表島】デイリーネットワーク【第…
  6. 結局、肥料じゃない!デイリーネットワーク【第57回】
  7. 【活性誘導水 使用3ヵ月】こんなに効果があるとは!
  8. 徳山牧場(岡山県美星町)驚きの変化とは?

スポンサードリンク

PAGE TOP