使用方法

【牧草が始まる前に】自分でできる活性誘導水 添加ポンプのメンテナンス方法【DNW233】

北海道ではまだまだ草の時期ではありませんが、
南の暖かい地域では既に一番牧草が収穫されています。

ロールベーラーや自走ハーベスターに
活性誘導水の添加ポンプを装備している方は、
牧草時期が始まる前に
お早めに点検することをおすすめします。

今回はご自身でも簡単に
メンテナンスできる事について解説します。

点検してみて故障等あれば
お早めに部品の交換をして下さい。

ご不明な点は、
お電話やメールにてお問い合わせ下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 牧草の食い込みを簡単にアップさせる方法!
  2. 子牛の事でお困りですか?哺乳用A飼料・スコヤカシリーズSをお試し…
  3. 活性誘導水サイレージ添加方法 きざみ(細断)編
  4. 活性誘導水をウォーターカップで簡単に牛に飲ませる方法
  5. 食いの悪いサイレージに活性誘導水を使うと?
  6. ニオイが減り乳房炎が減少するサイレージ?
  7. 牛が穏やかになる!毛艶が良くなる!
  8. 一番牧草収穫2020北海道・別海町&音更町【第145回】

スポンサードリンク

PAGE TOP