その他

活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用いた研究(中間報告)【第184回】

今回は、
活性誘導水を使った研究の
中間報告ということで

活性誘導水の製造販売元である
株式会社チクテックから届いた
研究資料をご紹介します。

活性誘導水が生体にどのような 影響を与えているのか
チクテックは、
秋田大学発のバイオベンチャー企業
ジェネスティア株式会社に
「マイクロアレイ遺伝子発現機能解析」
を依頼しました。

どのような研究結果が出たのか
御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. なぜ売れる?タカキタ・パワープッシュマニア4つのポイント!デイリ…
  2. 【台風・干ばつに強い】最強デントコーン用堆肥の作り方!【第213…
  3. 【実践編】活性誘導水の試し方!飼料(TMR)の場合は?デイリーネ…
  4. 牧草ロール巻きが全自動!日本ニューホランド
  5. 750mmラップフィルムも使用可に!タカキタ フルオートラップマ…
  6. バンカーサイロで良質のキザミサイレージを作る為の活性誘導水の添加…
  7. 【2021年一番牧草ロール開封】低・中・高水分で比較したけど、、…
  8. 【実験結果】活性誘導水の効果をマウス実験で検証【DNW244】
PAGE TOP