その他

活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用いた研究(中間報告)【第184回】

今回は、
活性誘導水を使った研究の
中間報告ということで

活性誘導水の製造販売元である
株式会社チクテックから届いた
研究資料をご紹介します。

活性誘導水が生体にどのような 影響を与えているのか
チクテックは、
秋田大学発のバイオベンチャー企業
ジェネスティア株式会社に
「マイクロアレイ遺伝子発現機能解析」
を依頼しました。

どのような研究結果が出たのか
御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 活性誘導水を初めて使用する場合・費用対効果について
  2. 牛を育てることは女性のDNAに組み込まれている|デイリーネットワ…
  3. マイペース酪農 三友盛行著
  4. 【実践】牧草の食い込みをアップする方法!デイリーネットワーク【第…
  5. 【酪農家 平尾 進 特集2】大切な事は牛のお腹の微生物環境を良く…
  6. 30年前から作業自動化?え~っ!こんな牧場見たことない!デイリー…
  7. アーバン自動哺乳器アルマプロがスゴイ!【DNW第2回】
  8. タカキタ 自走給餌車EF2040

スポンサードリンク

PAGE TOP