その他

活性誘導水を与えたマウスのマイクロアレイ遺伝子発現機能解析を用いた研究(中間報告)【第184回】

今回は、
活性誘導水を使った研究の
中間報告ということで

活性誘導水の製造販売元である
株式会社チクテックから届いた
研究資料をご紹介します。

活性誘導水が生体にどのような 影響を与えているのか
チクテックは、
秋田大学発のバイオベンチャー企業
ジェネスティア株式会社に
「マイクロアレイ遺伝子発現機能解析」
を依頼しました。

どのような研究結果が出たのか
御覧ください。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. タカキタ ベールカッタGC1600(ゲーバイル社)
  2. 酪農家が経営!輸入酪農機械や器具が安く手に入る会社って?|デイリ…
  3. 750mmラップフィルムも使用可に!タカキタ フルオートラップマ…
  4. なぜかガンベが消えた?デイリーネットワーク【第16回】
  5. 2018タカキタ酪農塾in阿寒|デイリーネットワーク【第66回】…
  6. 酪農のゴールはどこだ?デイリーネットワーク【第9回】
  7. コレコレ!あると便利な輸入酪農資材4点ご紹介!デイリーネットワー…
  8. 浜頓別のTMRセンターみどりの開明へお邪魔しました!

スポンサードリンク

PAGE TOP