草地・作物

【無化学肥料・堆肥のみ6年目】平尾牧場デントコーン収穫間近の様子【DNW263】

今年は雨が多く北海道全体を見ても
作物の収量減が多く見られた年でした。

そんな中、無化学肥料・堆肥のみで
デントコーンを育てて6年目の
北海道音更町の平尾牧場さんに
今年の出来を見せていただきました。

ちょうど収量調査のタイミングでもありましたので
今年の収量についても伺っています。

平尾さんでは、この無化学肥料のデントコーンの他にも

・堆肥+化学肥料35kg+尿素10kg
・堆肥+化学肥料40kg+尿素10kg

のデントコーンも作っています。

その畑の違いによる
子実の出来の比較もしています。

無化学肥料と質の良い堆肥で
活性化した土壌が作り上げる
デントコーンのしなやかさにも注目です。

安定しない天候、飼料や肥料の高騰の影響・・・
ますますこの技術の重要さを感じずにはいられません。

ご興味のある方は是非、
ご連絡下さい。

ご相談・ご質問・お悩みごとはいつでもお聞きします

関連記事

  1. 【一番牧草収穫2020】前日の雨でビショ濡れ!北海道中標津町・斉…
  2. 2019道東の一番草収穫!出来は?デイリーネットワーク【第94回…
  3. 【道東/一番牧草収穫直前】活性誘導水を使った牧草の伸びはいかに?…
  4. 雪解けの牧草地が青々しているワケとは? デイリーネットワーク【第…
  5. 玉ねぎの生育調査をニューホランドに依頼した結果【第156回】
  6. 【梅雨・雹・日照不足】2022野菜生育への影響は?【DNW252…
  7. 【今年の生育状況は?】5年間堆肥のみで育てたデントコーン【DNW…
  8. 雑草と裸地が多い圃場の改善事例【第167回】
PAGE TOP